メイクアップアーティスト 講座

メイクアップアーティストになるには?

メイクアップアーティストといえば華やかな世界でカッコイイというイメージですね。
そこでメイクアップアーティストになるためにはどうしたら良いのかなどを書いていきたいと思います。
メイクアップアーティストでも仕事はいろいろありますし、勉強方法、資格もいろいろあります。
どこで勉強するのかによって技術・料金も変わってきます。
技術が違えば将来も変わってきますし、料金も全然違います。
ですからしっかり比較して選ぶことが大事です。
しっかり比較して選びたいという方は下記を参考にして比較すると良いのではないでしょうか。

 

メイクアップアーティスト資格講座は一括資料請求が便利

メイクアップアーティストの専門学校やスクール、さらにコースは数多くあります。
ですからまずはどこの専門学校・スクールでどのコースを利用するのかを決めないといけません。

 

ここで一つ一つ調べていてもとても大変です。
そこでおすすめなのが一括資料請求です。
メイクアップアーティストのスクールやコースの資料を一括で資料請求できます。

 

これならまとめて比較できますからいろいろな手間もなくなります。
おすすめなのがビューティー資格ナビです。

 

ビューティー資格ナビでまとめて資料請求

ビューティー資格ナビには様々なメイクアップアーティストのスクールやコースの資料を一括で請求できます。
地域別に分けられていますし、大手のスクールやコースも入っているので良いと思います。
興味のある方はまずはチェックしてみてください。

 

資料を取り寄せられる主なスクール

・ヒューマンアカデミー
・ニューヨークメイクアップアカデミー
・K-twoメイク&ネイルスクール
・ビースタッフ
・アフロートヘア&メイクアップスクール等

 

メイクアップアーティストを目指したい方が、知っておきたいこと

以下では、これからメイクアップアーティストを目指したいと考えている方に向けて、
最低限これだけは知っておいたほうがよいことをまとめておきましたので、参考になれば幸いです。

 

 

メイクアップアーティストの資格の種類

メイクアップアーティストの資格にはいろいろな種類がありますが、基本的な物は以下の三つです。

 

 

 

一つ目は、「JMAメイクアップ技術検定」。
国内だけでなく、海外でも活躍できる人材の育成を目的としています。
メイクの基礎からフルメイクまでの技術と知識を評価し、認定を行います。
1級から4級まであり、合格者には卒業証明書が授与されます。
また、2級以上に合格するとJAM認定講師試験の受験資格が得られます。

 

二つ目は、「MSOJ認定メイクアップ検定」。
メイクアップの正しい知識と技術を評価するのを目的としています。
受験するには、MSOJが認定した加盟校で、所定の講座を受講しなければなりません。
例えば、「MSOJ認定の理美容専門認定校」「メイクアップ専門理事校」など。

 

三つ目は、「IBF国際メイクアップアーティスト認定試験」。
基礎だけでなく、実践的な技術も審査する試験です。
東京とニューヨークに拠点を置く国際美容連盟IBFが実施しています。
若手の育成を重視しており、モード情報や最新アートの紹介など、広範に活動を展開しています。
これらの資格がなくてもメイクアップアーティストになることはできますが、取得すれば就職や独立の際に有利になります。

 

メイクアップアーティストの仕事の種類

美容関係の仕事にはさまざまな職種が存在しています。
髪の毛をスタイリングするヘアスタイリストや、洋服や小物類を専門としてコーディネートするスタイリスト、メイクを専門としているメイクアップアーティストなど、数多くの美容のスペシャリストたちが活躍しているのです。

 

そのなかでも、メイクアップアーティストは、より女性を美しく見せるために専門的な知識や技術を駆使してメイクアップを行っているのです。

 

メイクアップアーティストの仕事の種類は、店頭でメイクを実演し、お客様に効果を確かめてもらうこともあります。
また、テレビや雑誌、映画などに出演する女優などの芸能人にプロとしてメイクアップを施す場合も多く見られます。

 

他にも、一般消費者に化粧品の良さや使用方法を理解してもらうために、全国各地でメイクアップ教室を開催しているメイクアップアーティストもいるのです。

 

海外でしかまだ販売されていない貴重な化粧品を買い付けるために世界中を回っている人もいますし、非常に幅広い仕事内容といえます。

 

多くの人が、華やかな職場で活躍しているメイクアップアーティストになりたいと憧れて、美容専門学校に通う人も増えてきているのです。

 

高い技術とセンスが 求められる職業なのです。

 

メイクアップアーティストの資格を取る方法

メイクアップアーティストを目指すためには資格が必要になります。
メイクアップアーティストというのは対象が一般の方からモデル、芸能人などの魅力を最大限に引き出すべくスキンケアやベースメイク、アイシャドウ、マスカラ、チーク、リップなどのメイクを施す仕事で近年になって目指す人が増えてきました。

 

専門の学校に通ってメイクの技術を磨くことに加え、資格の取得も必要になりますが、そのための試験に関しては国家試験のようなメジャーのものではなく、各種団体が認定するのがほとんどの試験となっています。

 

取得の方法にいたっては筆記と実技の試験に合格することや、団体の認定するスクールでカリキュラムを修了することなどがあります。

 

メイクアップアーティストの中には美容師免許を持っている人もいますが、美容師免許があった場合はメイクに限らず美容師にしか出来ない幅広いコーディネートやメイキングも出来ます。

 

しかしメイクアップアーティストにとっては美容師免許は必要である資格とは限りません。
メイクアップアーティストにとって必要なことは技術であり、免許があるから仕事に有利であるというわけではありません。
カリキュラムがしっかりしているメイクアップスクールに通い技術を身につけることが大切です。

 

メイクアップアーティストの資格を通信講座で取るメリットとデメリット

美容関係の道へと進みたいと考えている人はかなり多く存在しているものです。
今では男性でも女性でも、メイクに関心のある人が多いですので、その職業についての関心はさらに高まっていると言えるでしょう。

 

そのような流行とともに、メイクアップアーティストになりたいと思った上で、その勉強をしようとしている人も少なからずおられます。
その資格を取得する上では、実際に専門学校に通うなどの方法もあるのですが、もう1つの方法として通信講座での資格取得を目指すルートも存在しています。

 

ただ、通信講座にはいくつかのメリットがあるとともに、デメリットもありますのでその両者を把握した上での受講をするべきだと言えるでしょう。

 

それではメイクアップアーティストの資格を通信講座で取るメリットとデメリットとはどのようなものなのでしょうか。
まず良い点としては、自分の好きなペースで勉強ができますので、時間に縛られることがありません。

 

しかし、悪い点としては講師からマンツーマンで教われませんので、技術面での不安が多少なりとも残ってしまうことでしょう。
ただ、実際にスクーリングなどを行えばその点をフォローできますので、それほど大きな問題は無いと考えられます。

 

メイクアップアーティストの資格を専門学校で取るメリットとデメリット

メイクアップアーティストになりたいと考えている人は、かなりの数が存在していると考えられます。
ファッションに関しての意識が高まっている昨今の日本でありますので、男女ともにお洒落やメイクについての関心が高まっているのも理由の一つでしょう。

 

そして、そのようなメイクの専門家として仕事をするのが、メイクアップアーティストなのですが、この仕事をするには資格が必要になってきます。

 

この資格を取るためにはいくつかのルートが存在しているのですが、そのルートとして専門学校に通うという方法が挙げられます。
ただ、この方法にはメリットとデメリットが存在していますので、その点について確認しておいた方が良いでしょう。

 

それでは、メリットにはどのようなものがあるのかと言えば、講師からの直接的な指導を受けることができますので、技術的に良いものを得られるという点が挙げられます。

 

特にメイクというのは実力や技量が必要でありますので、技術に関しての習得は大きいと考えて良いです。

 

その反面、デメリットとして挙げられるのは通学しなければならないことから、日常生活に時間的な余裕ができないということです。
その点さえ把握しておけば、専門学校に通うことができるでしょう。

 

メイクアップアーティストと美容師の関係

美容関係の資格として一括りにされてしまうのが、メイクアップアーティストと美容師という資格であると考えられるでしょう。
実際に耳にしてみると、この二つの資格は同じものなのではないかと勘違いしてしまう方もおられるほどに近いものであります。

 

しかし、この二つの資格は近いようでもかなり違った分野を扱っているものでありますので、それほど密接には関連していないと考えてい良いです。

 

 

ただ、メイクアップアーティストの仕事を行いながら美容師の仕事をする人も多くおられます。
なぜならば、美しさを求めるということは髪型だけではなく、そのメイクにも求められるものだからです。

 

それゆえに、髪型に合うメイクをする場合や、メイクに合う髪型にするような総合的な美容施術を行う職業や仕事を行いたいのであれば、メイクアップアーティストと美容師の二つの資格を取得しておくべきであると考えても良いでしょう。
そして、実際に美容における職業の分野においては、この二つの資格を取得して実際にお客さんに二通りの施術を行っている人も少なからず存在しています。

 

ですから、たとえ髪を切るような仕事をしていたとしてもメイクアップアーティストの資格は関係してくることから、それを取得しておいた方が良いと言えるのです。

 

メイクアップアーティストにあると良いスキル

メイクアップアーティストになりたいと思った場合、あると良いスキルを知っておくと、とても便利です。
では、メイクアップアーティストによいスキルとは、どのようなものでしょうか。

 

まず、メイクするための技術は当然、必要です。化粧品や肌の知識が必要ですし、仕事の時間が変動することが多いため、体力も必要となってくる仕事です。

 

これらの技術を学ぶためには、メイクアップの専門学校などで数年間学ぶことが必要です。

 

メイクの技術以外のスキルとしては、美容師免許などもあります。
国家資格である美容師免許です。
この資格を取得するのはとても大変ですが、メイクアップアーティストとしてはとっておいた方が良い資格です。

 

また、カラーコーディネートの資格などもあった方がよいでしょう。
色をあわせるセンスも問われるためです。
その他、ネイルをすることができる技術も必要となってくる可能性がありますので、身につけておいた方がよいです。

 

このように、メイクアップアーティストは何の資格も経験もない状態では、始めることが難しい職業です。
まずは専門学校などに通って資格をとっていくようにしましょう。
知識と経験を積んでから、目指すようにした方がよいです。

 

メイクアップアーティストの資格は必要なのか

メイクアップアーティストとは、雑誌やテレビなどのメディアやファッションショーなどのイベント、そしてブライダルサロンなどで芸能人やモデルをはじめとし、あらゆる人々に対してヘアメイクを行う人のことをさします。

 

基本的にはヘアスタイリングとメイクアップの両方の知識と技術を十分に持っていることが必要とされて、臨機応変に依頼者のイメージ通りの仕上がりを実現させることが求められます。

 

就職先としてはヘアメイク専門のプロダクションや芸能事務所、サロンや化粧品メーカーなどがあげられますが、実力をつけて人気が出てくると独立し、フリーランスとして活躍しているメイクアップアーティストも存在します。

 

それではこのメイクアップアーティストになるためには資格は必要なのか。結論からいうと特に何も必要ありません。
未経験でヘアメイクの世界に入るためには、ほとんどの人が美容専門学校やヘアメイクの専門学校を卒業し人によっては美容師の国家資格を所持していたりもしますが、メイクアップ検定などの民間団体が運営、認定している資格などはその団体独自のものであるため、特に必要とされたり、重要視されることは少なく、それよりも就職先のサロンの方針や理念、もしくはクライアントの希望通りに技術をアレンジできる発想の豊かさや奇抜さを重視する会社がほとんどであるからです。

 

 

初心者といってもメイクの基本も知らない人では指導する側も困るので、最低限のヘアメイクの基礎知識や基本的な技術を身に付けるために専門学校に通う努力はもちろん必要ですが、そこからは現場で経験を積んで、本人の努力次第でどうとでもなるといったところがメイクアップアーティストの現状です。

 

メイクアップアーティストの資格取得までの体験談。

メイクアップアーティストの技術検定試験に合格し、資格取得をするために日々勉強をした体験談です。
1級から4級まであって、メイクアップの基本技術を取得するために作られた資格で、受験者が多くメイクアップ業界では最大級の資格のためにどうしても取得したいと思っていました。

 

4級を取得するべく、筆記試験の勉強を行いました。
ここまでは勉強をすると誰でも手にすることが出来ます。
3級からは実技も入ってくるため、練習を重ねなければいけませんでした。

 

家族にも協力してもらい、練習台になってもらったのは良い体験談です。
細かな技術面が問われるため、場所とポイントを確認して行っていくことで資格取得をすることが出来ました。
2級はバランスが取れたメイクをすることで合格をもらうことが出来ました。

 

1級はお客様と実際にコミュニケーションを取りながらカウンセリングや接客を行って資格取得に励みました。
メイクアップアーティストになるためには話し尽くせないような体験談が多くあり、人との関わりの大切さを知りました。
真のメイクアップアーティストになるために、これからも常に上を目指していきたいです。

page top